ミヨッシーの念願がついに実現…我が家の新車「5代目ホンダ・ステップワゴン」について思いのまま綴る!

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

ようこそ!   定山渓在住・北海道観光マスターのミヨッシー@miyossy1023)です

 

 

 

 

先日(2017年5月某日)ミヨッシーはFacebookおよびLINEで…

 

こんな投稿をしたのですが…

実はこの車は確かに「トヨタ・シエンタ」「新車」なのですが「我が家」のではなく「我が社(ミヨッシーの勤務先)」「社有車」「新車」「更新」したもので…

 

『いやぁー「新車」って本当に良いもんですね』と、綴っただけで「我が家の新車」とは一言も綴ってません!!!

…と、いうオチつきの投稿でした(笑)

 

 

 

しかし…ミヨッシー一家の真実はたった1つ!!!

 

 

そうです…

今回は「真実はたった1つ」ということで…

 

 

ついに我がミヨッシー一家に…

新車が納車されましたぁ!!!

 

 

何を手に入れたのか…

 

「ホンダ・5代目ステップワゴン」
※2017年6月現在の現行モデル

 

 

ミヨッシーが20年近くから「いつか妻子持ちになったら手にいれたい車」と思っていた思い入れのある車で…

「何代経っても手にいれたい車」であることには変わりありませんでした!!!

 

 

そんな思い入れのある1台の車を…

我が妻の理解もあり…

ついに手にいれましたぁ(喜)

 

 

 

マイカーとしてホンダ車を手にいれるのも2001年まで乗っていた…

 

初代インスパイア(2500cc仕様)以来…

 

再び大好きなホンダの車を手にいれたという二重の喜びです!!!

 

 

 

今回は完全にミヨッシー個人の領域120%以外の何者でもありませんが…(爆)

「5代目ステップワゴン」および「ホンダ」にミヨッシーがいかに思い入れがあるかについて綴っていきます。

 

 

あっ、念のためですが…

今回はオチも大どんでん返しも全くなく、本当に手に入れましたので(笑)



ミヨッシーは大の「ホンダ」愛好者…

ミヨッシーは大の「ホンダ」愛好者です!!!

 

 

創業者の故・本田宗一郎氏や営業・販売面でホンダを支えた故・藤沢武夫氏の生きざまや手腕に共感することもあるのですが…

 

 

きっかけは…

 

やはり「F1」です(汗)
※↑写真はミヨッシーがレースカーでは最も大好きな「マクラーレンMP4/5・ホンダV10 RA109E」

 

 

 

特に1989年から1991年まで実戦で走行していた…

 

「3500cc V10エンジン」のサウンドが2017年現在でも大好きです。

 

 

 

1993年5月に北海道・更別村の「十勝インターナショナルスピードウェイ」のオープンイベントにて…
※2010年4月に「十勝スピードウェイ」に改称

 

 

元F1ドライバーの「中島 悟」氏が現役最終年に共に戦った…

 

 

「ティレル020・ホンダV10 RA101E」とともに来場!

 

 

デモンストレーションランを行ったのですが、その場に当時18歳の大学生だったミヨッシーが居たのでした!

 

 

「3500cc V10エンジン」のサウンドが響いた瞬間…

とにかく涙を流して大感動!!!

 

それ以来…ますます「ホンダ」が好きになりました!!!

 

 

 

 

実際には諸々の事情でホンダ車以外に乗っていたことや…

市販車でも…

 

トヨタ・スープラ

 

 

日産・スカイラインGTR

 

 

 

レースカーでも…

 

トヨタチームトムスTS010

 

 

2017年現在でも日本車として唯一「ルマン24時間耐久レース」で優勝した…

 

マツダスピード787B

 

 

ミヨッシーがファンであった元F1ドライバーのデーモンヒル氏が初優勝したときのマシン…

 

ウィリアムズFW15C・ルノーRS5

 

 

…etc、ホンダ以外でも好きな車はあるのですが…

 

それでもミヨッシーは最後には「ホンダ」です!!!

 

 

カタログではないのでこと細かくは綴りませんが、次に今回我が家に納車された「5代目ステップワゴン」についてミヨッシーの思いのままに綴ります。



新愛車・5代目ステップワゴンについて…

 

さて、今回我が家が手にいれた「5代目ステップワゴン」ですが…

 

こんな感じです!!!

 

 

ナンバープレートは伏せていますが「3ナンバー」

 

そうです…ただのステップワゴンではございません!!!

 

「AWD(4WD)」設定があるグレードでは最上位…

「スパーダ クールスピリット ホンダセンシング」です!!!

 

 

雪の多い北海道では…

 

ミニバンは「AWD(4WD)」でないと冬は話にならないほど走破性が悪いので値段は高くなりますが…

FFではなく「AWD(4WD)」を選択しました!!!

 

 

 

 

1列目(運転席・助手席 2人掛)

《ハンドル周辺》

スッキリと纏められている感があるところが気に入っています。

 

 

 

《シフトレバーおよびエアコン》

コンパクト感があり、使いやすいです。

 

 

 

《助手席ダッシュボード周辺》

CDやDVD、別にシガーソケットを介して取付した5連ソケットを置いています。

 

 

上部のエアコン吹出口も「PlayStation2」に近いデザインのような感じがして妙に親近感がわきました。

 

 

 

《メーター回り》

「デジタルメーター」ですが、よくありがちな「目がチカチカする」ことはなくシンプルで見やすいです。

さりげなく!?「HONDAステッカー」を…(汗)

 

 

 

実はミヨッシーは過去にホンダ車に乗っていたときも必ずこの部分に「HONDAステッカー」を貼っていました.

 

本当は…

ホンダF1参戦第2期の象徴であった…

 

「Powered By HONDA」のステッカーが欲しかったのですが…

 

残念ながら廃盤(涙)

 

 

更に2017年現在…ホンダF1はこのロゴを使用していません…

 

よって仕方なく「HONDA」のみのステッカーを…

 

 

ホンダF1がこのロゴを復活させてF1世界選手権を参戦することを願っています!!!

 

 

 

《カーオーディオ》

(↑動画)
本当は「インターナビ」付き純正品の予定でしたが…

 

車を手にいれたお店の店長さんに進められて社外品(アルパイン社製)を取付しました。

 

 

実際取りつけてみると…

思った以上に画面が大きく見やすいです!!!

 

 

そして店長さんから話は聞いていましたが、実際見て気に入ったのが…

エンジン始動時にオーディオが立ち上がり「STEP WGN SPADA」と表示!!!

 

 

この表示…ミヨッシーは大変気に入ってます!!!

 

 

他車種でも「VELLFIRE(トヨタ)」や「SERENA HighwaySTAR(日産)」…と、いう車名(一部グレード含)で表示されるとのこと…

 

 

(ナビを含めた上で)画質や音量、使い勝手もよいので満足して使っています!!!

 

 

 

《シート》

黒のコンビシートで感触もよく、長時間座っていても疲れにくいです

 

 

助手席は我が娘用のチャイルドシートを装着!!!

…テレビを「じ~っと」見ること多し(笑)

 

 

 

 

2列目(6:4分割ベンチシート 3人掛)

最前列と同様のコンビシート(2人掛)仕様もあるのですが…

・数年後に妻(ミヨッシー)と子供2人が2列目に座れるようにしたい
・1人でも多く乗れるようにしたい

…と、考えて3人掛のベンチシート仕様にしました。

 

 

我が息子用のチャイルドシートは2列目に装着!!!

↑写真は起きていますが…気持ちよくお昼寝をしてくれること多し♬

 

 

 

当初はこの2列目に子供2人のチャイルドシートを装着する構想でしたが…

 

我が息子がこの地点でまだ新生児で首が座っていないため横向きでしか使えないため…

チャイルドシート2体で2列目が塞がってしまうことに!!!

 

 

流石に子供だけで同列に座らせておくのは如何なものかと思い…

やむなく断念したわけでした(涙)

 

 

 

《天井取付型リアビジョン》

 

オーディオを社外品にしたのでリアビジョンも社外品(アルパイン社製)にしました。

 

 

今回の手続きで初めて知りましたが…

日本ではこの商品は2017年現在は「アルパイン」さんでしか製造していないそうです。
※自動車メーカー純正品となっていても正体は「アルパイン」社製とのことです。

 

 

思った以上に画面が大きくて見やすく迫力があります!!!

 

 

そして最大の特徴は…

1列目にあるオーディオと全く違うものを視聴できること…

 

 

要するに…

(例)1列目でTVを見ているが、2列目以降ではDVDを見たいということが…

可能です!!!

 

 

これは早くも我が家では多いに役立っています!!!

 

 

何せミヨッシーと我が妻との間でも…

そのときに視聴したいものが一致することがほとんどないので(笑)

 

 

 

《ロールサンシェイド》

日射しを和らげてくれるので我が息子がお昼寝のときに役立っています。

 

 

 

《シートバックテーブル》

我が妻曰く車内でおやつや食事をとるときに役立っているそうです。

 

 

 

エアコンも前・後方で独立されており、2列目天井にあるこのスイッチで操作できます。

 

 

 

 

3列目(床下格納可能 3人掛)

不使用時には床下に格納し、荷室として使用可能のためか1列目と2列目とはシートの作りが違います。

 

 

 

頭まわりに余裕がある設計になっているせいか視界は思った以上によく、声の通りも良いので1列目や2列目とも楽に会話ができるので車内で一体感があると感じる作りになっていると思います。

 

これは2列目にある「天井取付型リアビジョン」の見やすさに繋がっていると思いました。

 

 

 

ドリンクホルダーと2列目にはないシガーソケットが備え付けされています。

 

 

ただミヨッシー個人的には…

・十分な広さがあるとは言い難いかな?
・大の大人3人が座るとなるときついかな?

…と、思いました(涙)

 

とはいえ、さほど大きなマイナス要素ではなく「こんなものだろう」と思えるくらいという感じですね。

 

 

 

そしてこの5代目ステップワゴンの最大の特徴であるのが…

 

ステップワゴンに限らずこのようなミニバンの3列目に乗降する際には、2列目横にあるスライドドアから乗降しますが…

 

発売からもう2年経っているので既に知れ渡っていますが、2017現在でも史上唯一であるこの機能のおかげで3列目の乗降がスムーズにできます!

 

それが次に綴る…

 

 

 

 

わくわくゲート(テールゲート)

 

2015年4月に販売開始された当初、最大の特徴として宣伝された機能です。

 

前述のとおり2017現在でも史上唯一、この機能があるのは「5代目ステップワゴン」のみ!!!

 

 

一般的なミニバンみたく縦にしか開閉できるだけでなく…

 

 

横にも開閉ができ、ここから3列目への乗降が可能となります。

 

ミヨッシーはミニバンを手に入れたのは初めてですが、今までレンタカーで借りたときや友人・知人のミニバンに乗降する際に3列目に座るとなったときに…

「乗降しにくいなぁ…」

と、思うことが多々あったので、この機能があることが…

 

今回「5代目ステップワゴン」を手に入れる決め手の1つになったのです。

 

 

しかし、実際に納車して実用となると…

3列目への乗降以上に役に立っている面があることに気づきました!!!

 

 

 

それは…

壁がある駐車場に後ろ向き駐車をするとなった場合です。

 

 

一般的なミニバンでは縦にしか開閉できないために…

 

まともに駐車スペースに車を収めると壁が邪魔をして十分に開口できず、荷物を出し入れしようとしても下からになるので大変不便となるために…

 

 

一度壁の手前で車を止める(駐車時)、もしくは手前に車を出す(出発時)ことをしないと十分に開口できないために手間がかかります。

 

 

 

しかし、このわくわくゲートがあると…

 

こんな感じで開口が可能なため…

縦に開口しないと取り出せない大きな荷物でない限りは駐車スペースに車を収めてからでも余裕をもって出し入れが可能なのです。

 

 

ミヨッシー夫妻がよく行くような場所には意外と壁がある駐車場が少なくないので本当に役にたっています!!!

 

 

 

エンジンルーム

搭載エンジンはこの「5代目ステップワゴン」が初搭載である…

L15B」 1500cc VTEC-TURBO

 

「ターボエンジン」なのですが、一般的であるパワーが向上するが燃費が悪くなりがちなターボではなく…

 

「ダウンサイジングターボ」というヨーロッパでは圧倒的に採用されているエンジンです。

※エンジンそのものを容積(大きさ)を小さくするのではなく「排気量」に着目して「ダウンサイズ」したエンジン形式のこと。
概ね「2000cc-3000cc以上」の排気量のエンジンを「1000cc-2000cc」にサイズダウンし、気筒数もダウンさせて足りなくなったパワーは高効率のターボで補うことで元々あった性能を維持ないしそれ以上にさせている。
排気量が小さくなる分、燃費と環境性能が向上し、自動車税が安くなるなど税制上のメリットもある。

 

 

エンジン以外でも周辺がコンパクトにまとめられている感があり「スッキリしているなぁ」と思いました。
※バッテリーを交換するとなった場合ちょっと「手間がかかるかぁ?」とも思いましたが(汗)

 

 

 

 

走行してみると…

 

いざ走行してみると…

・元々の設計が「低重心」ということでどの場面を走行しても非常に安定していること
最少回転半径5.4mということでハンドルの取り回しがしやすいこと

…etc…

とにかく「乗りやすい」です!!!

 

 

「乗りやすい」ので長距離走行しても「疲れにくい」ということにも繋がっています。

 

 

走行性能に関しても…

前述にある搭載されている「ダウンサイジングターボ」がパワーを向上する目的ではないとはいえ「150馬力(110kw)」あるので日常生活で走行する分には十分だとミヨッシーは思っています。

 

また、これもターボエンジンにはありがちな「ターボラグ」も一般的なターボエンジンと目的が違うせいかほとんど感じることがなく減速後の再加速もミヨッシーが思っていた以上にスムーズです。
※ただし全く無いわけではありません。

 

 

 

そして日常生活において重要になる部分…

 

「燃費」はどうかというと…

 

 

カタログ数値(JC08モード)では「1Lあたり15.0km」となっていますが…

ミヨッシーがある時に測定したところ…「1Lあたり10.0km」でした。

 

 

一般的に燃費は実走行においては「カタログ数値より4割ほど落ちる」といわれていますが…

「15.0kmの4割→9.0km」となり…上回っているので「上等だ」と思いました!!!

 

ただし「冬」のときや「年数が経過して古くなる」と当然燃費は悪くなるものと覚悟をしていますが(苦笑)

 

 

 

また、今回綴っている地点では「冬」を体験していないので「冬道の走破性」についてはどうなのかなぁ?と、思うところはありますが…

 

既に手に入れているミヨッシーの知人に聞いたところでは「全く問題なし!」とのことだったのでこの地点ではとりあえず心配はしていません(笑)

 

 

 

ただ1点「?」と思い、理解しないと「危ないかなぁ?」という点が…

 

交差点などで右左折をする際には当然ウインカー(方向指示器)を使用します!

一般的にはウインカーを使用し点灯させて、使用後に元に戻す(自動で元に戻る)と同時に消灯しますが…

この5代目ステップワゴンは(手で戻したときは)同時に消灯せず、ほんのわずかな時間ですが点灯が継続されてから消灯するようになっています。

 

 

ミヨッシーも初走行の際には何も知らずに…

右折車を交わすためにウインカーを使用し右折車を交わし走行車線に戻ってから自らの手で元に戻した際、同時に消灯しなかったので…

「あれっ?」と思い何度もウインカーを動かしている最中にヒヤリとした…と、いうことがありました(笑)

 

 

 

他の車でもこういうことがあるかどうかはミヨッシーは知りませんが…

少なくともミヨッシーは今までに体験したことがなかったので、自ら運転する車のことを知っておかないと危ないなぁ…と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

今回はミヨッシーが手に入れた「5代目ホンダ・ステップワゴン」についてミヨッシーの観点を含めて思いのまま綴りました!

 

ステップワゴン自体が2017年現在も続いている「ミニバンブーム」の先駆となり、1996年の発売当初以降は「抜群の人気・販売台数」を誇っていた時期があったのですが…

 

この5代目ステップワゴンは「抜群の人気・販売台数」とはお世辞にもいえず…

正直「苦戦」している感があります(泣)

 

 

理由としてよく目にするのが…

・ハイブリット仕様の設定がない
・フロントデザインに高級感が無い

…etc、こんなところでしょうか???

 

 

確かに2017年現在、日本においては山道を含めたアップダウンの道路が多いということで燃費が非常に良い「ハイブリット車」の需要が高まっています。

 

「ダウンサイジングターボ車」が一般的なターボ車より燃費が良いといっても「ハイブリット車」よりは確実に劣りますので日本では「中途半端」と思われる傾向があるのは間違いないようです。

 

 

実際ミヨッシーも「ハイブリット車」ということを考えましたが…

・何が何でも「5代目ステップワゴン」を手に入れたかった
・ハイブリット仕様の設定が購入地点では無かった(2017年9月~10月のマイナーチェンジ時に新規追加されることは知っていた)

・それまでの軽自動車(ダイハツ・MAX)の車検証の有効期限が2017年9月までであった

・我が息子が産まれて4人家族となり、軽自動車では狭すぎて限界を感じた
・燃費が良いことは確かにありがたいが何が何でも「ハイブリット車」という思いは無かった

…ということで、今回この時期に「ダウンサイジングターボ車」という決断をしたのですが…

 

 

最大の理由は…

新規追加されるハイブリット仕様に「AWD(4WD)」の設定が…

 

無いっ!!!

 

ということを札幌市内のディーラーさんより聞いたことでした。

 

 

聞いた瞬間…

北海道では前述のとおり特にミニバンはAWD(4WD)でないと話にならないので…

 

もうええわ!!!

 

…と、なりました(苦笑)

 

 

 

「フロントデザインに高級感が無い」ということも…

 

ミヨッシー的には確かに先代である「4代目ステップワゴン」のほうが高級感があって「ズシーン!!!」という感じでインパクトがあるなぁと思いますが…

 

「5代目ステップワゴン」のフロントデザインが良くないとは思っていないので…

全く気にしていません!!!

 

 

 

ただ今回綴っている地点では…

 

実は「スパーダ クールスピリット ホンダセンシング」より上のグレード…

 

「モデューロX」があり、既に販売されていました。

 

 

正直フロントデザインに関してはこの「モデューロX」のほうが断然気に入っており、総合的にも素晴らしいと思い、少々値段が高くなっても手に入れたいなぁ…と思ったのですが…

 

…もうお分かりかと思いますが…

この「モデューロX」も「AWD(4WD)」の設定が…

 

無いっ!!!

 

…もうええわ!!!

 

と、いうことで断念しました(笑)

 

 

 

また、前述のとおり2017年現在も続いている「ミニバンブーム」の先駆となった車ですが…

 

ミニバンにおいても2017年現在、ステップワゴンより上の高級車がホンダや他メーカーからも販売されています。

 

 

実際、周囲からも他メーカーのミニバンを勧められたことがありましたが…

 

それでも最終的には…

前から手に入れたかった「ステップワゴン」ならびに「ホンダ車」を手に入れようと決断…我が妻も「それで行こう!」と言ってくれました。

 

 

 

いざ手に入れてみると…

 

細かいところで「?」と思うところもわずかながらあるのですが…

 

手に入れて本当によかったです!!!

 

と、同時に決して安価な買い物では無いのですが手に入れることに同意してくれた…

我が妻といまのところ満足してくれてそうな!?我が娘と息子には感謝しています!!!
※実際には車を手にいれたお店の店長さん及び担当者さんの御好意で想像以上の安価で手に入れました…本当に感謝です(笑顔)

 

 

 

我が妻も日常生活において我が娘の送迎や買い物、ママ友との交流…etc

早くもミヨッシーよりも多く運転しています(爆笑)

 

 

感想は…

「乗りやすくて満足している」と言っていました(喜)

 

 

 

と、いう感じで今回は完全にミヨッシー個人の領域120%以外の何者でもありませんでしたが…

 

色々と思い入れのある1台の車なので…末永く大切に乗り続けたいと思います!!!

 

 

 

最後に…

今後、ミヨッシー的にはこんな「野望」!?が…

 

ブースト計

 

 

ダウンサスペンションキット

 

 

マフラー

 

 

スロットルコントローラー

 

 

…etc、「ドレスアップやチューニングをしたいなぁ」と、いう野望があります!!!

 

 

もちろん年数がかかってもいつか…

 

 

とはいえ、費用も相当かかるので…

こればっかりは「ミヨッシーの自費」であっても流石に我が妻に…

 

こんな感じで却下されるでしょう(爆)

 

 

 

まっ、これはミヨッシーの野望だけに留めておくことになるかと(爆笑)

 

我が娘と息子の教育資金を貯めないといけませんので(照)

 

 

 

最後までお付き合いしていだだきましてありがとうございました。

2017.06.11
定山渓より…ミヨッシー

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です